遺伝性の薄毛には治療薬で対策

よく言われていることですが、ハゲは遺伝することは定説のように語られています。しかし明確な基準はなく、たとえば父親がハゲていなくて、祖父がハゲていると自身がハゲるような隔世遺伝で出てくることもあります。確実なこととして言えるのは、親や親戚がハゲている人が多いのであれば、要注意と言うことになるでしょう。とはいっても遺伝になると対応は難しくなります。言うならば定められた運命のようなものですので、自身で対策をしなければなりません。そしてその対策として万全な治療薬が現在にはあります。

以前までは漠然とした効果を謳う治療薬が多かったのですが、現在あるプロペシアという治療薬は、多くのハゲに悩む男性の救世主になっています。この治療薬は0.2mgと1mgがあり、脱毛原因とされる男性ホルモンの産生を防ぐ役割があります。この男性ホルモンを産生するために阻害する薬として治療薬を用いて、薄毛対策をすることになります。

また0.2mgと1mgを選択する意味として大きなものはなく、個人や処方する医師と相談の上で決めるのも良いでしょう。0.2mgだから効果が薄いというわけではありません。プロペシアは医薬品になりますので副作用の心配がありますが、その点プロペシアは副作用が出にくい医薬品です。よって0.2mgと1mgの選択はその観点から選ぶというのも、間違っていませんし良い選択にもなるでしょう。

プロペシアという薬を用いることで、髪の毛が増えると言うよりは育毛の役割がある治療薬だという認識を持つことが正しいです。この薬を用いることで発毛するわけではなく、現在ある頭髪を脱毛原因となる男性ホルモンから守り、抜けにくくして太く強く育てる治療薬になります。