生活習慣における抜け毛の原因とは

男性にとって頭髪がはげるのはとても苦しくて辛いことです。しかしながら、これらの症状はきちんと原因を特定して、もしも改善できるのであればしっかりと対策を講じることによって改善することが可能です。その中でも、はげやすい人はとりわけ生活習慣を見つめ直すことが重要になってきます。

たとえば、仕事による疲れや、業務内容や人間関係などによる極度なストレスによってはげやすいのはよく言われること。これはホルモンバランスの乱れによって皮脂が大量に分泌されたり、あるいは新陳代謝の悪化によって血行が悪くなってしまうことによって薄毛が引き起こされるからです。

また、仕事での付き合いなどでアルコールやニコチンを過剰に摂取し過ぎると血行が悪化しますし、脂っこいものばかりを食べる生活習慣が定着するとこれもまた皮脂の分泌が多くなります。これが毛穴をふさぐのを原因にして、はげやすい状態が形づくられていきます。こういった事態を回避するには栄養のバランスを考えて健康的な食生活を維持するのも極めて大切です。

もちろん、頭皮環境を常に清潔に維持するのも大切なことです。毛穴には皮脂や汚れやフケやゴミが溜まりやすいもの。この状態を放っておくと血行が悪くなったり、頭髪の成長が阻害されたり、さらに栄養分がきちんと毛母細胞にまで行き渡らなくなってしまいます。

さらに睡眠不足もはげを悪化させる大きな原因となります。そもそも人間の頭髪は夜間の寝ている時間に副交感神経が働き出すことによって成長を遂げるもの。とりわけ夜の22時から深夜2時まではゴールデンタイムと呼ばれており、これらの時間帯にできるだけきちんと眠りについて、効果的な睡眠を摂取する生活習慣が欠かせません。